産業廃棄物汚泥の再資源化に貢献しています。

会社概要

ご挨拶

昭和47年9月、神奈川県相模原市に会社設立。以来一貫して非鉄金属メーカー向け非鉄金属中間材料の製造販売に携わってきました。現在、銅滓、ニッケル滓、貴金属滓等の非鉄金属一次製品を主として製造、販売しております。
これらの製品を製造するにあたり、当社では限りある貴重な資源である原材料を、幅広く各産業分野から集めるべく努力を重ねて参りました。
その成果の一部として、酸排水処理スラッジ、金属研磨汚泥、鉱滓、ダスト類などから各種有価金属の回収システムを確立し、産業廃棄物の有効利用、資源化に貢献しています。

会社概要

会社名 扶双産業有限会社
代表取締役 高野 純
本社・工場 〒252-0132
神奈川県相模原市緑区橋本台3-2-12 アクセスマップはこちら
TEL 042-773-5280
FAX 042-771-1646
資本金 8,800万円
設立 昭和47年9月19日
事業内容
  1. 資源化・再利用を目的とした産業廃棄物の収集運搬及び処理
  2. 非鉄金属メーカー向け金属中間原料の製造および販売
  3. 不動産賃貸業
  4. 前各号に付帯する一切の業務
主要製品 銅滓、ニッケル滓、貴金属滓、酸化コバルト、酸化チタン 
その他各種金属中間原料

許可

産業廃棄物処分業
相模原市許可 第09820024390号 汚泥
産業廃棄物収集運搬業
神奈川県許可 第1402024390号 汚泥
東京都許可 第1300024390号 汚泥
千葉県許可 第1200024390号 汚泥
埼玉県許可 第1102024390号 汚泥
茨城県許可 第0801024390号 汚泥
長野県許可 第2009024390号 汚泥
群馬県許可 第01000024390号 汚泥
特別管理産業廃棄物収集運搬業
茨城県許可 第00851024390号 汚泥(鉛含有)

沿革

昭和47年9月 神奈川県相模原市に会社設立
昭和47年10月 相模原本社工場建設開始
昭和48年5月 相模原本社工場操業開始
昭和48年7月 千葉県より産業廃棄物処理業(収集運搬)の許可を取得
昭和49年9月 神奈川県より産業廃棄物処理業(収集運搬、中間処理)の許可を取得。以下各県の許可を順次取得
平成5年6月 茨城県より特別管理産業廃棄収集運搬業の許可を取得
平成10年10月 資本金を1,500万円に増資
平成11年3月 釉薬メーカーと提携し、廃リチウムイオン電池やスラッジからのコバルトの回収システムを確立
平成13年12月 資本金を8,800万円に増資

アクセスマップ

大きな地図で見る

営業時間

7:30~16:30

定休日

土曜日、日曜日、祝祭日(土曜日・祝祭日は応相談)